[Today's DOOR]

 イノウエヨシオ100%BLOG「全天候型コメントサイト」

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ミャンマー5日目、ヤンゴンに戻る、ミャンマー最後の夜

 5:45のモーニングコール、マンダレー空港からヤンゴン空港へ。ニューダゴンのsNID視察、ニェン先生の昼食会、孤児院の見学、パゴタ見学、NGO夕食会

また早起きしてヤンゴンに戻ってくる。ユニセフとの契約が5月までなので、もう次には会えないかもしれないという安田医師と飛行機の中でいろんな話をささせていただく。HIVの現状、日本の寄付文化、人々の変化など。

先日、アーティストの方と話をしていて表と裏があるのだが、日本では裏がないようにきれいにきれいにしていっている。雑菌がないように抗菌仕上げにしたりとか、極端。ミャンマーの日常には「死」を強く感じる。 死が身近にあるからの生なのだという気がする。実感できない死。リセットで生き返るといったり、無縁社会の日本と対象的だ。

続きを読む >>
| 20:18 | 時代の風 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミャンマー4日目、高原の町へ

 sNIDの開会セレモニーに参加、ポリオ投与、ピンウールインへ移動、ステーション病院視察

泊まっているホテルの目の前が旧王宮のお堀沿い。朝から体操などしている人々が集まってくる。
朝は7時半に出発した。そろそろ朝食をとれないひとがでてきた。

sNIDの開会式に参加させてもらう。大きな講堂にマーチングバンドと生徒の舞踊が出迎えてくれる。壇上で代表者がワクチンを投与し、おもちゃを渡していく。一通り終わったら、裏の食堂でみんなにモヒンガーと呼ばれるミャンマーラーメンがふるまわれた。朝食ごであったが食べられた。

ラングーンがヤンゴンに名前が変わったように、かってメイヨウと呼ばれていたピンウールインに移動する。ちょうどこの季節にはジャガランターと呼ぶ紫の花があちこちで見ることができるが、ピンウールインとはされいに花が咲いているという意味らしい。



続きを読む >>
| 20:17 | 時代の風 | comments(0) | trackbacks(1) |
ミャンマー3日目、マンダレーへ移動

 空港からマンダレーへ、ホテルに入ってからヘルスセンター、コールドルーム、タウンシップのメディカルオフィサーに見学、

朝は4時モーニングコールで5時ロビー集合、朝食パックをもって空港で食べた。
プロペラ機のエマージェンシーガイドでは、海水に飛び込む際には、自分のシートを浮き袋代わりに抱いて飛びこめとあった。
8時にマンダレー空港につくが、市内に向かう道でバイクが多くなってくる。ヤンゴンでは交通規制でバイクは禁止されているし、大きなトラックの進入が制限されているが、ここではどちらも大丈夫。バイクは3人乗りでヘルメット着用


続きを読む >>
| 20:15 | 時代の風 | comments(0) | trackbacks(0) |
2日目のミャンマー、見学開始

 ミャンマーユニセフ、コールドルーム、中央医薬品貯蔵庫を見学、アウンサン市場にいき、夜はユニセフ招待の夕食会

朝、7時のモーニングコールというが、日本では9:30なのでもっと早い時刻から目覚めていつものように朝のウォーキングにでかける。朝日の中で思いつくままに歩いてみると、昨年のホテルとの位置関係がわかってきた。ヤンゴン駅をはさんだところに位置しているので、懐かしい朝の市も見ることができた。ただ昨年に比べて兵士の数が格段に多く物々しい。

ちなみにミャンマーでは、おはようもこんにちはもやあー、もやっとみんな、ミンガラバー、バイバイはタッターといいます。

続きを読む >>
| 20:14 | 時代の風 | comments(0) | trackbacks(1) |
ミャンマー出発の日、飛行機の長旅

 成田からバンコク、乗り換えてヤンゴンへ。現地19:30(日本時間23:00)にホテルに着。

前日の昼に食べたオフィス周辺で購入した弁当にあたってしまい、午後は何度とはなしに水便で身

体にも力が入らない状態であったが(外出の仕事と人に集まっていただいて進める仕事があったのを

何とか乗り切った)眠って少し落ち着いた。荷物の準備を数日前にいろいろとしておいたが、あれも

これもと考えているうちに、いくつかぬけもれがあり、夜は2時間おきぐらいに目が覚めた。例えば

明け方になってデジカメのメモリーカードの容量が足りないことを思い出し、あわてて1GBのものを

探して差し替えて普段使いのものは予備にするなど。空港に着いた今では自分の分については、月

曜日に表敬訪問にミャンマー大使館にいったときに何枚か名刺をそちらにいれたので、その分が少

なくなっているぐらい。ただ友人から換金したドルを全部、自宅に忘れてきたのでと連絡がきたが

、何とか対応していく。きょうここまで仕事の段取りをつけ、出発前に済ますことと、不在中の手

配と、帰国後すぐに必要なものの準備をしてきたことに比べたら、困難は乗り越えられるために表

れると確信。


続きを読む >>
| 20:12 | 時代の風 | comments(0) | trackbacks(0) |
すごい久しぶりのお散歩コース
 土日も仕事があったりして、なかなか落ち着くことがなかったのだなと思うのは、ブログをまとめるのが一月以上ぶりになっているからで気づく。定番コースとしていた図書館→馴染みの喫茶店が閉まっていたので、いつもと違うマックで腰を落ち着ける。日曜日、花見のあととか買い物帰りという時刻なので活気があって混んでいる店内。こうしたヒトの生活のにおいがするのも懐かしくなるのだろうなあ。もう数日すると異国の地でまた違う出会いが待っている。きょう明日はしっかりと桜の花開く日本の風景を眼に刻んでおきたいと思う。


| 22:58 | ゆったり・のんびり・ほっこり | comments(0) | trackbacks(0) |
國井先生のエッセイを読んで
 ミャンマーに伺うひとつの理由はユニセフ・ミャンマーの保健部長である國井先生にお会いすること。彼とは昨年初めてミャンマーでお会いして度々お付き合いさせてもらっている。今ではカラオケにいくことは年にあるかないかになっていたが、昨年1年間でここ数年で珍しく6回もいったが、なんとそのうち4回は國井先生とご一緒しているのだ。その國井先生が看護師さん向けの読み物「ナースコール」のなかで連載されているエッセイを読ませていただいた。学生時代から僻地医療や辺境地への応援をされてきただけあって、その文章は生々しい迫力がある。貧しい地域でモノをたくさんもらって、貧しいヒトほどもっと貧しいヒトを応援する。豊かになるとそれを忘れて無関心になってしまうという趣旨の文章に同感した。カンボジアでは悲惨なことがあった跡地でまだ伝わってくる惨状に文章だけでぐっときてしまった。もどかしいことへの怒りや無力感と向き合いながら、それでも突き動かしている情熱の源泉を拝見した。再会を楽しみにしている。


| 22:57 | わたしは今・・・・ | comments(0) | trackbacks(1) |
ヒトところで留まっていない思い
 取引先の不幸があり、通夜に参列。故人の家族との思いで写真が飾られていた。改めて流れ続けて行く時間のなかで立ち止まらないでどんどんと思いが変化して行くことを感じる。変化は自然に起こり、形が固まったものでないからこそ、だからこそ尊いのだと。先日もアーティストの方と話していて、都会にいると日常のなかにある不浄なものがなかったように無関心になる。日常の生活の中に死を意識することはない。人身事故が多発しているのに。死があるからこその生なのだと気づく。忘れっぽいのでときどき思い起こさないといけない。


| 22:56 | わたしは今・・・・ | comments(0) | trackbacks(0) |
事業のアイデアは午前2時に降りてくる
 年度末は新しい年度の準備と今期に収めるものとで平行して行くので年末進行の様相を呈している。事業を冷静に見つめて発展の種を見つけ出して行くために時間をかけて計画作りをこもって行った。普段の時間の流れから段々と解放されていき、夜になってからアイデアをつむぎだす。書き出したものを見つめているとそれに刺激されて、段々ととるべき態度が明らかになってくる。資料としてきれいにまとめるのは後でも、種を見出し、それを育てるための手立てを手順にして行く。夜半になり、少々脳内物質が分泌された時刻なのだろう、アイデアの神が舞い降りてくる。


| 22:55 | ビジネスの種 | comments(0) | trackbacks(0) |
山形へまたやってきました共感CM研修
 あいからわず多忙な日々で、京都から東京へ戻り、そのまま通り越して山形へ。ビデオCM研修の二回目の講座を担当させていただく。実際に仕事をしていて気づくのは、だんだんと参加者のレベルがあがってきていること。サンプルとして見せるものが手元にあるので、それで刺激をうけるのかもしれない。一回目の研修ではWindows Movie Makerを実際に使って活動を紹介するCMを実際につくってみましょうというのがメインだが、それだけでも参加者が興奮する。いままで触ったことがなかったのに、こんなものができるなんてとはまるヒトが続出するのだ。1.5時間ほどの講習でできたものにはなかなか素晴らしいものがある。相互に鑑賞するとまた刺激をうけたり、こんなやり方があるんだと感じる。それを持って帰って団体の中で話し合ってもらうのが第二段階。そして二回目の研修では次の段階としてさらに「おもいで科学」を体系付けて知ってもらうようにしている。あまり最初から教えすぎずに、まずは体験してもらい試行錯誤があるからこそ、講義が活きるように設定している。おかげさまで、山形での研修では参加者アンケートで全員オール5の超・高評価をいただいた。ありがたい!!


| 22:54 | デジタルの流れ星 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 3/212 | >>