[Today's DOOR]

 イノウエヨシオ100%BLOG「全天候型コメントサイト」

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
両国で有名な地ビールの店「麦酒倶楽部 ポパイ」
以前から話を伺っていてずっと伺いたいと思っていた店がこちら。
まずビールのメニューをみてどれを頼んだらいいのかわからないぐらい数多く並んでいる。
店員さんにおすすめやお得なメニューを伺って、いただいていく。8時までだとオーサマ料理つきのビールがお楽しみ。食事もビールに漬け込んだ漬物やビールを使ったものが多い。特筆すべきは、アイスパイン。コラーゲンたっぷりのメニューで、おいしい。何度も通って、ちょっとだけ大人の仲間入りをしたい。

麦酒倶楽部 ポパイ
東京都墨田区両国2-18-7 TEL.03-3633-2120
毎週火曜日はパイントディでオーサマ料理がついてくる。
続きを読む >>
| 13:38 | お店の紹介 | comments(0) | trackbacks(0) |
伏見の山本酒家の酒蔵でいただく「鳥せい本店」
もう伏見にわざわざ、ここのお酒と焼き鳥を楽しみに伺うことが何度も。お得なセットやお店ならではのメニューもあり、堪能できる。伏見の大手筋商店街よりサティのところを曲がって、静かな酒蔵の中で人が多く集まる場所。鳥関係のものはおすすめだが、酒かすをふんだんに使ったかす汁もぜひ。

京都・伏見神聖酒蔵 鳥せい本店
京都市伏見区上油掛町186 TEL.075-622-5533
11:30-23:00 定休月曜日
http://www.torisei.com/shop/honten.html
続きを読む >>
| 13:37 | お店の紹介 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都のおじいさんコックが作り続けている味「コロナ食堂」
いつもお店の前に行列をつくる、コロナ食堂。時間がここだけとまっているかのような風情。手作りの雨実があるソースがおいしく、カツレツやピースカツなどを頼む。名物は、タマゴサンド。タマゴ4個をたっぷりとといてつくる、ボリューム感ある厚みがおいしい。元気なときには、カツを頼んで、お持ち帰りにタマゴサンドを頼んで帰るのが多かったが、いまではお持ち帰りはできませんと表示してある。おじいさんと注文を伺うおねえさんでやっているのだが、メニューがわかるように大きな文字でおじいさんコックにはりだしているのがいいなあ。実に狭い店だが、急がず、あせらず正しく待ってからいただきたい。


京都府京都市下京区西木屋町四条下ル船頭町201 TEL.075-351-0567
17:30〜20:30ぐらい 定休日月・火・水曜
続きを読む >>
| 13:36 | お店の紹介 | comments(0) | trackbacks(0) |
神谷バー、美しいお店
浅草にいくと、電気ブランを楽しみに「神谷バー」に訪れる。何でも日本で一番古いバーなんだとか。

大正か昭和のにおいがふんだんな店内では、幅広い客層を集めていて、にぎわっている。日本風のビアホールとか、ビアレストランの走りだなぁ。電気ブランは飲むと、電気に感電したかのようにびりびりするので、この名前があるが、代用ビールのホッピーをよそで楽しんでから、きているのでいい感じ。カクテルだがアルコール分40度という強いお酒。速成プランデーということらしい。店のお勧めは、向かいにあるアサヒビールと電気ブランを交互に飲む飲み方。典型的な洋食が合う。

広告作品が楽しみにしている人も多い→http://www.kamiya-bar.com/05.html

神谷バー 東京都台東区浅草1丁目1番1号 TEL.(03) 3841-5400
営業時間:AM11:30 〜 PM10:00 火曜定休
http://www.kamiya-bar.com/
| 13:26 | お店の紹介 | comments(0) | trackbacks(0) |
京料理・おばんざいの祥風楼
酒処・伏見の酒蔵が多くのお店を設けている。酒のうまさをよく知っているからこそ、おいしく楽しむための酒の肴を味あわせてくれる。以前から度々、覘かせてもらっているこのお店は、黄桜酒造が設けていて、お酒メーカーの京都地ビールも。そういえば黄桜は、早稲田大・京大と共同でビール開発していた。日本酒は季節の料理とか幸に組み合わせが合うように思うのだが、いかがだろうか?長期熟成の山廃仕込が味わい深い。

続きを読む >>
| 21:18 | お店の紹介 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベトナム料理に舌鼓、スアンXUAN
むかしから友人の友人がやっているので、時々寄せていただいているお店。
ベトナム料理はフランス領だったときの名残で、あまりからくなくフランス料理がアジアンな感じになったように思う。アオザイを着た女性はいいものだと思う。料理は先日訪れたミャンマーとよく似ているものも。パクチーが苦手な人はなかなかアジア料理は大変かもしれないが、ぼくは大好きです。ベトナム料理、最後のほうでフォーがでました。この米の麺がいい味です。
続きを読む >>
| 21:06 | お店の紹介 | comments(0) | trackbacks(1) |
<< | 2/8 | >>