[Today's DOOR]

 イノウエヨシオ100%BLOG「全天候型コメントサイト」

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
渋沢栄一氏の人造肥料会社の黎明期の奮闘・・・胆力であきらめたりしない
「小説・渋沢栄一」を読んでいて、明治の初めの頃、近代国家としての黎明期に、「合本主義」として今日の株式会社の基礎を築かれていくなかで、欧米諸国に追いついて負けない日本を生み出していくことができると信じて、私利私欲でなく国家隆盛を考えて、奮闘されていかれる様子にいつも学ぶべきところが多くあると思っている。
中でも、農家出身の渋沢氏が、天然の肥料が大切と理解しているなかで、技術者・高峰博士に人口急増の日本の需要に応えられない、さらに多くの収穫が必要だと説かれて、会社を設立して、製造と販売に乗り出したが、それがさっぱり売れない。二期連続で赤字で、やっと三期目に黒字になったところで、当の高峰博士が自身の特許が米国の企業で採用になったので、会社を辞して渡米するという事態になる。
慰留に努めたが本人の決心が固く、国全体のためにそれも認めようと送り出す。しかし本当の技術者不在になり、会社はからい思いをする。それでもようやく需要が見え始めたときに、なんと工場が火災で全焼してしまう。渋沢氏は、ここであきらめずに、株主に説いてまわり、また新株募集も行い、退けられても、退けられても、果敢に挑み続ける。その決心と誠実さこそが仕事で大切なことだという。単に会社が焼けただけで仕事をやめる理由にはならない。とまでいう。事業の不遇や不振のときほど、気を堅く引き締めて、精一杯すべき時なのだ。
うまくいかないから、なんとかうまくいくようにしようと努力する。失敗するから、次はうまくやろうと手はずを整える。これを人はノウハウと呼ぶ。
| 18:42 | わたしの方法論 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| 18:42 | - | - | - |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://edkyotob.jugem.cc/trackback/1567
MSワラントについての情報です。
| MSワラント | 2009/04/08 3:19 PM |
小説渋沢栄一 上 (幻冬舎文庫 つ 2-12)津本 陽 by G-Tools 今の日本の基礎は、維新後と戦後に作られたと言って良いと思う。 維新後の日本は経...
| 月の歴史講座 | 2010/09/26 8:32 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>